利府町の中古一戸建てにおける品確法の行使。

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(通称:品確法)とは、新築物件や中古一戸建ての物件を問わず、住宅メーカーや売主がその瑕疵担保責任(住宅に欠陥があったときの責任)を負うという法律です。

中古一戸建てであっても、基礎部分に欠陥があって耐力が一定に達していないとか、屋根の構造に問題があって雨漏りを生じたなどといった場合には、買主の要求に応じて無条件に改修しなければなりません。

Continue reading

品確法で悪徳業者を撃退。利府町で安全な中古一戸建てを

これは中古一戸建てにも関係してくることですが、みなさんは「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(通称:品確法)というのをご存じでしょうか。

この性能保証制度の長期保証は、住宅の構造など、耐力上、これだけの強度は絶対に必要であると定めた個所について、その主要な部分、あるいは本来なら雨水の浸入を防止しなければならない部分に発生した瑕疵を対象とした法律です。

Continue reading

持ち家率の高さは町の発展につながる。是非利府町で中古一戸建てを

中古一戸建てや新築物件の区別なく、全国の持ち家率を調べてみると、秋田県や富山県、福井県が全国のトップ3にランキングされていて、ほぼ80%近い数値を示しています。

残念ながら利府町のある宮城は全国平均を下回っていて、60%強の数値、全国ランキングでいうと47都道府県の中で39位という結果でした。

Continue reading

利府町の中古一戸建て、リフォーム物件とリノベーション物件の違い。

不動産の物件情報誌や情報サイトなどで検索していると、宮城県利府町の物件の中には、中古一戸建てでも、「今がお買い得」といったキャッチフレーズの付いた不動産物件が目立つようになりました。

東京や関東方面と東北とでは事情が異なりますが、それでも国内全体の不動産市場をみると、全般的に価格は下げ止まっているという感触があるのは確かです。

Continue reading

利府町では新築住宅よりも中古一戸建てがいい⁉

宮城県は全国の中でも持ち家率が高いエリアであるというのを聞いたことがありますが、新築分譲住宅や新築マンションなどと比較して、最近では特に利府町で中古一戸建ての売れ行きも好調なのだそうです。

中古一戸建ての人気が高いのにはいくつかの理由がありますが、代表的なものを上げるとしたら、「立地条件がいいわりには価格が安いこと」、そしてもう1つの理由としては、「リフォームの進化版ともいえるリノベーション物件が増えたこと」にあると言えます。

Continue reading